老後はどうする?結婚をしないメリットとデメリット

晩婚化が進んでいるといわれている現代ですが、結婚の必要性が薄れている感じが受けられるのは事実です。経済的な理由や個人的に理想が高いなど、理由はさまざまですが、老後のプランは考えていますか?

はじめに、なぜ晩婚化が進んでいるのかです。女性であれば社会進出に伴い、生活が自立できることが大きくあげられます。昔はよく女性が家を守り、男性が仕事をする…など言われていましたが、共働きの多い現代にはなかなか当てはまりません。また、社会に出ても仕事が忙しかったりなどの理由で出会いが無いという声も多く聞かれます。男性にしてみれば、奥さんが専業主婦になれるほどの稼ぎがないことや時間や生活を縛られることが、晩婚化を加速させる理由のひとつになっているのではないでしょうか。非正規雇用が増えている今、自分の生活で精いっぱい、人を養うなんてもってのほかと考えている人も多いのが現実です。経済的な理由が大きく関係していることは明らかです。

では結婚するメリットはなんでしょうか。なにかお得なことがあるからとするわけではありませんが、生涯を他人と共にするというのは大きな決断です。自分の親やインターネット上でも良い話は少ないので、踏み切ることができない人も多いです。今は、親も健在で不自由なくいますが、両親が亡くなると独身でいると辛くなることが多くなります。特に病気になった時やさみしい時に家族の温かさを感じるようになるでしょう。

独身であれば、若い時には両親も友達も彼女もいて、気ままに生きていくことができます。しかし、歳を重ねるごとにそれはだんだんと少なくなっていきます。既婚者と独身だと予定も合わせづらくなりますし、既婚者だと友達とも家族ぐるみの付き合いになることが多いです。子どもができれば、生活は子ども中心のものに変わっていきます。
彼女も若いうちは良いですが、年を取ると簡単につくることはできなくなってきます。お金、財産ばかりあってもそれが目当ての彼女しかできないかもしれません。そのうちに、両親がいなくなると孤独感に襲われてしまいます。しかし、そうなってからでは、なかなか出会いもなくなりますし、理想の女性ではなく妥協して付き合うことになるのは一目瞭然です。

自分の時間やお金など、結婚することによって縛られることが多くなるのは事実です。しかし老後、歳をとった時に周りに家族がいて温かみを感じることができるのは最大の幸せであり、メリットではないでしょうか。