彼女の実家を説得しにくい…事実婚と言う名のかたち

突然ですが、最近ではアラフォーという言葉は、男心にも小さな棘のように刺さって、チクチクとした痛みを感じさせることがあります。
彼女は20代後半、自分は30代後半で、10歳ほどの年の差がありますが、数年前からまるで本物の夫婦のように一緒に生活をしているので、いわゆる事実婚というやつでしょうか。
実は、自分は、結婚しないタイプの男というわけです。彼女は、一緒にいると楽しいし、大切な存在なのですが、婚姻届を提出するという本当の結婚となると、自分は二の足を踏んでしまうのです。実際、かつての同級生たちは、妻や子ども、家庭に振り回されて、仕事は家族を養うために、我慢に我慢を重ねている状態のように見えます。
そんな状況を見るにつけ、自分の時間を大切にしたいとか、趣味を優先させたいとか、さまざまな想いが心の中で渦を巻いて、とても結婚というステップには上がれないというのが本音なのです。
確かに、それは男の方の勝手だといえば、勝手なのでしょう。けれども、結婚で大きな責任を負うことが、誇らしいと思う男もいれば、反対に息苦しいと感じる男もいるのです。
もちろん、彼女は自分の一番の理解者ですから、別れることは前提となっていません。でも、そうなるとなおさら、彼女の実家に挨拶に行って、事実婚を続けたいと説明するのが難しく感じられます。
今まで、彼女が妊娠出産ということにならないように、お互いに注意をして来たのですが、彼女の実家では「早く孫の顔が見たい」というようなニュアンスの発言もあるようです。自分は、自分に責任が取れないようなことをしたくはありません。けれど、彼女も子どもは絶対に欲しくないというところまで、気持ちが決まっているわけではないでしょう。そして、結婚したら、妊娠出産・子育てのプランを心の中で計画しているのかもしれません。
自分は、彼女を都合の良い女と考えているのではないのです。ただ単に、このまま一緒に生活を続けて、一緒に年齢を重ねて行きたいと思っているのです。
しかし、自分のこの考え方は、現実的ではないと友人に指摘されてしまうこともあります。結婚したからといって、離婚という事態が起こることも無いわけではないけれど、婚姻届を出すことは、ひとつのけじめとして大切だということのようです。
自分が考えている事実婚の良さを、どのように彼女の実家に説明したら良いのか、ほとほと困り果てているのが、今の自分だということなのです。