自分の生活スタイルを乱されたくない!結婚しない男のおかたいプライド

世の中、晩婚化が進んでいるようです。昔は20台で結婚するのが普通だったみたいですが、今では20台で結婚する方が少ない時代になってしまったようです。かくいう私も40代、そして晩婚化どころか、結婚しないだろう症候群にかかったまま、こじらしてしまっています。世間では私みたいな人も少なくないみたいです。理由って人それぞれなんでしょうけど、結局は自分の生活スタイルを変えたくない、変えられない、変える自信がないなどある程度共通しているのかもしれません。40代で独身貴族を貫いている人って、本当にもてないか、選ぶ女性はたくさんいるけどだれも決めないし、当然結婚もしない人のどちらかが圧倒的みたいです。
友人には結婚して、家庭をもって子供と一緒に遊んで楽しくしている人もいるんです。そんな人の話を聞くと、確かにそういう人生もありかなとは思います。それがあっている人はいいんでしょう。でも私は・・・。自由に使えるお金もあり、一人になりたいときにはひとりで過ごせるし、それなりに付き合ってくれる女性も何人かいる、趣味のゴルフも車も一人でお金が使えるから楽しめるのであって、子供ができた、私立の学校行かせたいからお金がかかる、家のローンで大変、休日はいくら疲れていても子供と遊んであげなければいけない・・・などなど、結婚のデメリットを考えるとどんどんネガティブ思考に入ていくのです。休日は仕事に備えて休むところは休み、体調万全で望みたい、これは私の最大のプライドでもあります。回りに気を使える仕事のできる男になりなさい、結果が大事、学生時代の恩師には常日頃教えられてきました。これを守れなくなったら自分が自分でないみたいです。結婚によってこのプライドや生活がガタガタと崩れ落ちていくのはおそらく耐えられないんです。
世間では離婚件数も増えているみたいです。周囲にも性格の不一致とか、考え方の違いといって離婚した人も何人も見てきました。離婚って相当な労力がいるみたいです。子供がいればその大事な子供に、もっと迷惑もかけるしつらい思いもさせてしまう。そして、一生ひきづっていかなければいけなくなるんです。そう考えると、今の生活が自由で楽しいことだけで来ている人生で最高に楽しい時間なんじゃないかと思うのです。まあ、単なるわがままなとっちゃん坊やなのかもしれませんが、彼女も私の考えには理解をしてくれていますし、このまま、独身生活は謳歌したいなと思っている今日この頃です。年を取って、さみしくなったら結婚したくなるのかなあ?