サテンの手袋で手コキをしてもらう至福

サテンの手袋で手コキをしてもらう至福

至高のオナニー方法を見つけました。
前から利用しているお気に入りの「ぽっちゃり系」のオナクラ店には、オプションに「サテン責め」という項目があります。
これはなんだろうと、ずっと気になっていたんですが特に調べることもなく数か月間が過ぎ……。
しかし先日、オナクラを利用した時の会話のきっかけにサテン責めについて聞いてみて判明しました。
サテン責めとは、サテンの生地をした手袋で扱いてもらうプレイを指していました。
それって気持ちいいのかなと思い、AVを調べて勉強したところ面白そうで気持ちよさそうで、非常に興味がそそられました。
というわけで、先ほどオナクラでやってきました。
ぽっちゃりオナクラは3Pが基本なので二人からのダブル手コキ&サテン責めです。

サテンの手袋とサテンの尖がり帽子

もう随分3Pにも慣れた僕。
最初から会話で雰囲気が大盛り上がりして三人でムード全開にしてました。
二人とも容姿が平均以上ではないものの、そこに興奮してしまう異様な性質の僕です。
お話ししながら二人をこっそり視姦しては、股間を膨らませて想いに馳せていました。
サテン責めについて、もう少し詳しく説明したいと思います。
サテンとは、非常にサラサラしていて気持ちいい生地です。
触ったことある方ならわかると思いますが、その滑らかな感触にゾワッとするレベルで気持ちいいです。
もし、こんな素材でペニスを扱かれたら――なんて、いままで考えたこともありませんでした。
しかもサテンが効果を発揮するのはサテン×サテンとのことなので、女の子のサテンの手袋に対して僕のペニスにはサテン生地のトンガリ帽子みたいなのを被せられました。
話もそこそこに、プレイが開始されます。
二人の前でペニスを晒してサテンのキャラ帽子を被せられるのは少し恥ずかしかったです。
そして二人がサテンの手袋を付けて……僕の肉棒を優しく握ってくれました。

全身の毛が逆立つような感覚

第一の感想としては、「ビックリ」他ならないでしょう。
サテンの布を被せられた肉棒を、サテンの手袋を付けた二人の手が握ってくると、背筋が凍るような感覚が襲ってきました。
その後の体験があまりに強烈であんまり覚えてないんですが、くすぐったい感が半端ではなかったと思います。
二人からペニスを握られて「どうですか?」と聞かれる僕。
動いてと指示すると、手が上下に移動を始めます。
ゾワゾワゾワッ!背筋がピンの伸びて、肛門が緩んでと、新感覚に全身が驚いていました。
そのまま上下にピストン運動が繰り返されて、これヤバいと思った瞬間に射精感がどんどん募ってきました。
流石にまだ出すわけにはいかないので股間に意識を集中して絶頂を塞き止めんとしますが、如何せんサテン×サテンの感触があまりに不可思議だったんで理性のダムが決壊してしまいました。

手コキ&乳首責めをサテン生地にて

暴発です。
気持ち良かったのは一瞬だけ。
一発目は不意を突かれたって感じだったんで、すぐに二投目をお願いして扱いてもらいました。
僕の見たAVでは、サテンの手袋で男優が乳首を責められていたので、僕もそれに倣って手コキは一人だけにしてもらい、もう一人には両手で左右の乳首を弾いてもらいました。
手コキされながらのサテン乳首責め。
これも中々です。
僕は乳首が特に敏感なので、サテンのサラサラした感触はとにかくくすぐったくて気持ち良かったです。
その状態で20分ほど続く。
一発目はゆっくり感じることが出来なかったけど、射精直後はのんびりとサテンの感触を味わうことが出来ました。
気持ち良いっていうより擽ったいに尽きます。
ナマの手コキとどっちが気持ちいいかって聞かれたら微妙ですね……多分、サテン生地で扱かれ慣れてしまったら直接握ってもらっても物足りなく感じてしまうのでは……と思いました。
でも気に入ったので、またサテン生地で手コキしてもらいたいです。